めまい1 めまいの分類と鑑別

スポンサーリンク

めまいとは

 

人は正常に立っておられない状態になるとめまいという症状を訴える。そのため、めまいという症状にはいろいろな訴えが含まれている。「くるくる回る。」、「ふらふらする。」、「ふわふわする。」、「ふらっとする。」、「眼の前が真っ暗になる。」、「気を失いそうになる。」、「気が遠くなる。」などの訴えである。
これらのたくさんの訴えをめまいという一言で理解することは非常に難しい。そこで、めまいをその性状や機序の違いによりきちんと分類することが重要で、それにより、めまいの原因診断を正確に行うことができる。

めまいの分類

 

1)めまいの分類総論

 

めまいの分類を表1に示す。まず、めまいはその性状により、1)回転性めまい(vertigo)、2)浮動性めまい(dizziness)、3)失神性めまい(fainting)、の3つに大別される。回転性めまいとは回転感を伴うめまいで、「くるくる回る。」という訴えが一般的である。浮動性めまいとは、浮遊感を伴うめまいで、「ふわふわする。」、「ふらふらする。」という訴えが一般的である。失神性めまいとは失神感を伴うめまいで、「気を失いそうになる。」、「気が遠くなる。」、「眼の前が真っ暗になった(眼前暗黒感)。」という訴えが一般的である。
【表1】
めまい表1

これら3つのめまいを原因診断の目的で2つに分類する方法が2種類ある。一つの分類法は、回転性めまいと非回転性めまい、に分類する方法で、もう一つは、前庭性めまいと失神性めまい(非前庭性めまい)、に分類する方法である。

2)回転性めまいと非回転性めまい

 

めまいは、回転感を伴うか否かで、回転性と非回転性に分けられる。浮動性めまいと失神性めまいを合わせて非回転性めまいという。回転性と非回転性で分けるこの分類は、臨床現場でめまいを性状からアプローチしていく過程で重要な概念になる(後述)。ちなみに、最も狭義のめまいは、この回転性めまいのみを指す。

3)前庭性めまいと失神性めまい

 

めまいは、原因病態が前庭系の障害で起こるか否かで、前庭性か非前庭性に分けられる。回転性めまいと浮動性めまいを合わせて前庭性めまい、失神性めまいは非前庭性めまいとなる。前庭性めまいは前庭系の障害で起こる平衡感覚異常であり、失神性めまい(非前庭性めまい)は前庭系の障害ではなく主に脳循環不全により起こるものである。前庭性と失神性(非前庭性)で分けるこの分類は、原因診断を行う上で重要な概念で、一般的に使われているめまいという言葉は、この前庭性めまいのことが多い。なお、前庭性めまいは、前庭系の障害部位により、中枢性めまい、末梢性めまい、その他、の3つに分けられる。詳細は後述する。
臨床現場でめまいの原因診断を行う場合、まず、めまいを前庭性めまい(回転性または浮動性めまい)か、失神性めまい(非前庭性めまい)に分けることが重要である。なぜなら、これら2つのめまいは機序が異なるため鑑別診断が全く異なってくるからだ。

3、前庭性めまいと失性めまいの鑑別

 

1)めまいの性状別鑑別の全体像

 

前述したとおり、めまいの鑑別において最初に行わなければならない最も重要なことは、患者の訴えをもとに、めまいを前庭性めまい(回転性めまい、浮動性めまい)と失神性めまい(非前庭性めまい)に分類することである。この両者は機序が全く異なるため、鑑別診断も全く違ったものになる。この鑑別を間違うと以後全てが意味をなさなくなる。そこでまず、前庭性めまいと失神性めまい(非前庭性めまい)の鑑別法から説明する(図1)。この鑑別は患者の訴えから医療面接(問診)という方法で行われる。

【図1】前庭性めまい(回転性めまい、浮動性めまい)と失神性めまいの鑑別方法
めまい図1

2)第1ステップ

 

第1ステップは、患者が訴えるめまいが回転性かどうかの鑑別で始まる。患者はめまいを訴えている最中、精神状態は非常に不安定で微妙な症状を正確に判断する能力は欠如していることが多い。そのような状態でも、めまいの性状が回転性であるかどうかの判断は比較的容易なため最初に回転性めまいかどうかの鑑別を行う。これにより回転性と判断されれば前庭性めまいの鑑別診断へ移り、回転性ではないと判断されれば、非回転性めまいと判断して次のステップに移る。

3)第2ステップ

 

第2ステップは、そのめまいが浮動性か失神性であるかの鑑別である。この鑑別は、患者にとっても、医療者側にとっても難しく、必ずしも鑑別できるとは限らない。よって、第2ステップ後の選択肢は、浮動性か失神性かそのどちらとも鑑別できない、の3つとなる。浮動性と鑑別されれば、回転性と同じく前庭性めまいの鑑別へ移り、失神性と鑑別されれば、失神性めまいの鑑別へ移り、どちらであるか鑑別できないときは、両方の可能性を考えて両方の鑑別診断を選択する。この章では前庭性めまいについて説明する。失神性めまいの詳細については、失神・失神性めまいの項を参照していただきたい。

次回記事では前庭性めまいについて詳しく説明する。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡記念病院救急科部長。一般社団法人・福岡博多トレーニングセンター(福岡博多TC)理事長。 愛媛県生まれ、1986年愛媛大学医学部医学科卒。日本救急医学会専門医、日本脳神経外科学会専門医、臨床研修指導医。医学部卒業後、最初の約10年間は脳神経外科医、その後の約20年間は救急医(ER型救急医)として勤務し、「ER型救急システム」を構築する。1990年代後半からはBLS・ACLS(心肺停止・呼吸停止・不整脈・急性冠症候群・脳卒中の初期診療)の救急医学教育にも従事。2011年に一般社団法人・福岡博多トレーニングセンターを設立し理事長として現在に至る。主な著書に、『ニッポンER』(海拓舎)、『心肺停止と不整脈』(日経BP)、『ERで役立つ救急症候学』(CBR)などがある。