脳卒中と脳血管障害の違い

スポンサーリンク

脳血管障害(脳卒中と脳血管障害の違い)

脳血管障害(CVD:cerebro-vascular disease とは脳血管の異常が存在する全ての疾患を包括した概念で、脳卒中は脳血管障害の一部である。脳血管障害の分類は表3のとおりである。脳血管障害と脳卒中の違いは、脳血管障害が画像上の責任病巣の有無に関わらず症状が早期に消失する病態(一過性脳虚血性発作)及び無症候性の病態までも含める一方で、脳卒中は症状が出現してそれが確定したもののみをさす点である。

【表3】脳血管障害(CVD:cerebro-vascular disease)の分類

表3

一過性脳虚血性発作(TIA:transient ischemic attackは脳梗塞とよく似た病態であるが脳梗塞の範疇には入らない。脳梗塞と一過性脳虚血発作はどちらも虚血性脳血管障害ではあるが病態が違う。脳梗塞は出現した神経症状が確定したものであるのに対して、一過性脳虚血発作は出現した神経症状が消失したものである。つまり、一過性脳虚血発作は症状が確定していないため(消失したため)脳卒中には含まれないが、脳梗塞の危険因子の一つである。(一過性脳虚血発作についての詳細は下を参照)

無症候性脳血管障害は、画像診断上、脳梗塞や脳出血の所見が確認されるが症状がないものをいい、無症候性脳血管病変は画像診断上、脳血管異常がみられるが、症状がないものをいう。

一過性脳虚血発作

一過性脳虚血発作とは脳血管の閉塞や狭窄により、その支配領域に虚血が起こり、一時的に神経症状が出現したがその後症状が消失したものいう。前述したとおり症状が確定していないため(消失したため)脳卒中には含まれない。

一過性脳虚血発作の定義は、症状発症後消失までの時間が24時間以内であるが、この数字は現実的に意味をなさない。そのため、現在の概念では、症状消失までの時間が1時間以内と変わってきた。しかし、これでも実際の臨床現場では現実的ではない。というのは、一過性脳虚血発作では、症状が消失するまでの時間は通常数分以内で、ほとんどが15分以内であるからだ。そこで、症状が15分以上継続している場合は症状確定とみなして脳梗塞、それ以前に症状が消失した場合は一過性脳虚血発作として区別するのが現実的である

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡記念病院救急科部長。一般社団法人・福岡博多トレーニングセンター(福岡博多TC)理事長。 愛媛県生まれ、1986年愛媛大学医学部医学科卒。日本救急医学会専門医、日本脳神経外科学会専門医、臨床研修指導医。医学部卒業後、最初の約10年間は脳神経外科医、その後の約20年間は救急医(ER型救急医)として勤務し、「ER型救急システム」を構築する。1990年代後半からはBLS・ACLS(心肺停止・呼吸停止・不整脈・急性冠症候群・脳卒中の初期診療)の救急医学教育にも従事。2011年に一般社団法人・福岡博多トレーニングセンターを設立し理事長として現在に至る。主な著書に、『ニッポンER』(海拓舎)、『心肺停止と不整脈』(日経BP)、『ERで役立つ救急症候学』(CBR)などがある。