虚血性心疾患と急性冠症候群の概念

スポンサーリンク

1)虚血性心疾患

虚血性心疾患(IHD:ischemic heart diseaseとは、心筋が虚血に陥り胸痛等の症状を発症する疾患を総称したもので、安定狭心症(stable angina不安定狭心症(unstable angina急性心筋梗塞(AMI: acute myocardial infarction冠攣縮性狭心症(coronary spastic anginaからなる。この中で不安定狭心症と急性心筋梗塞は同じ病態のため総括して急性冠症候群ACSacute coronary syndromesといわれる。これらの病態の説明とシェーマをまとめたものが図11)である。

【図1】虚血性心疾患の分類(病態分類)

図1-1
図1-2
図1-3
図1-4
図1-5

2)安定狭心症

安定狭心症とは、冠動脈に器質的な狭窄はあるが普段は問題なく労作時などの心筋需要が高まったときのみ血液供給が不足して症状が出現するもので、心筋梗塞への移行は稀である。

3)急性冠症候群

急性冠症候群は、急性心筋梗塞(心臓性突然死を含む)不安定狭心症からなり、この2つの疾患は程度の差はあるものの同じ病態である。心筋が壊死に陥ったものが急性心筋梗塞、心筋が壊死を免れたものが不安定狭心症である。そのため、不安定狭心症は心筋梗塞へ移行する危険が高い。急性冠症候群の病態は、冠動脈の狭窄部位である粥状動脈硬化病変(冠動脈プラーク)の破綻とそれに伴う血栓形成が基盤となっており、この血栓が冠動脈を閉塞または狭窄することにより発症する。

後述するST上昇型心筋梗塞(STEMI:ST-segment elevation myocardial infarctionは冠動脈が閉塞したもの、ST上昇型心筋梗塞(NSTEMI:non ST-segment elevation myocardial infarction及び不安定狭心症は冠動脈が狭窄したものである。冠動脈の狭窄・閉塞による血流量の低下または途絶が心筋虚血や心筋壊死を起こし、さらには致命的な不整脈を合併する。

4)冠攣縮狭心症

冠攣縮性狭心症とは、冠動脈の攣縮が原因で冠動脈の狭窄、心筋虚血を起こしたものである。冠攣縮性狭心症の中で心電図上ST上昇が認められたものを異型狭心症という。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡記念病院救急科部長。一般社団法人・福岡博多トレーニングセンター(福岡博多TC)理事長。 愛媛県生まれ、1986年愛媛大学医学部医学科卒。日本救急医学会専門医、日本脳神経外科学会専門医、臨床研修指導医。医学部卒業後、最初の約10年間は脳神経外科医、その後の約20年間は救急医(ER型救急医)として勤務し、「ER型救急システム」を構築する。1990年代後半からはBLS・ACLS(心肺停止・呼吸停止・不整脈・急性冠症候群・脳卒中の初期診療)の救急医学教育にも従事。2011年に一般社団法人・福岡博多トレーニングセンターを設立し理事長として現在に至る。主な著書に、『ニッポンER』(海拓舎)、『心肺停止と不整脈』(日経BP)、『ERで役立つ救急症候学』(CBR)などがある。