AHA公認BLSコース(G2015)

BLSコース(AHAガイドライン2015準拠)

BLSコースとは

心肺停止及び呼吸停止に対する一次救命処置を学ぶコースです。具体的には、①成人・小児・乳児に対する心肺蘇生法(CPR:胸骨圧迫と人工呼吸)、②成人に対するAED(Automated External Defibrillator)の使用法、③成人・小児・乳児に対する窒息解除法(気道異物)を学び、これらの世界標準かつ世界最先端の知識と技術を習得できます。

AHA(American Heart Association:アメリカ心臓協会)のガイドライン2015(G-2015)に沿ったもので、心肺停止及び呼吸停止(窒息)患者の救命率を上げることを目的としています。受講後に優秀なプロバイダー(受講者)が数多く誕生しますと、社会全体の救命率が上がることが立証されています。医療従事者だけでなく、広く一般の方々にも是非受講いただきたいコースです。
尚、当センターではG2015の日本語に完全に対応しておりますので、ご安心してお申し込み下さい。

尚、更新者(以前にBLSコースを受講された方、有効期限は問わない)は、割引料金にて受講頂けます。

講習方法

心肺蘇生法の教育において世界で最も権威あるAHA(アメリカ心臓協会)が、30年以上にわたる研究と経験に基づいて行っている方法で、DVDを見ながら(または見た後で)、マネキン(人形)での練習を小グループで行います。これは、PWW(Practice While Watching)と呼ばれる最も新しい教育方法です。
また、ガイドライン2015(G-2015)からは、チームダイナミックスとデブリーフィングの概念が導入され、これらについてもコースの中で実践していきます。

コース時間

約5時間となっております。

受講料金

新規者:¥15,000
更新者:¥10,000(以前にBLSコースを受講された方、有効期限は問わない)
尚、来年(2020年)1月のコースから更新者のみ11,000円(税込み)に値上げ、新規者は据え置き

受講条件

受講条件
基本的にどなたでも受講可能となっております。
インストラクターが実技テスト・筆記テストを含めて最後までしっかりフォローいたしますので、安心してお申し込み下さい。
受講後に優秀なプロバイダー(受講者)が数多く誕生しますと、社会全体の救命率が上がることが立証されています。医療従事者だけでなく、広く一般の方々にも是非受講いただきたいコースです。

G2015 BLSコース内容

  1. 成人の心肺停止に対するCPR(1人法、2人法) とAEDの使用方法
  2. チームダイナミックス、デブリーフィング
  3. 小児の心肺停止に対するCPR2人法
  4. 乳児の心肺停止に対するCPR(1人法、2人法)
  5. 成人・小児・乳児の窒息(気道異物)に対する窒息解除法

開催場所・コース日程・お申込み

当センターでは、博多は平日月曜日を除いてほぼ毎日コースの開催を行っております。
開催場所は、九州の玄関口福岡県博多を中心として、ほぼ毎日開催しております。また、県内では博多の他に北九州市(九州労災病院)、行橋市(新行橋病院・行橋記念病院)、大川市(高木病院)、京都郡(小波瀬病院)で定期的にコースを開催しており、県外では長野県上田市(丸子中央病院)で開催しております。
以下のリンクより、開催場所・コース日程の確認とお申込みを行ってください。

出張コースのご案内

あなたが所属している施設や病院で、AHA BLSコースを開催してみませんか?ご希望があればお申し込み下さい。「福岡博多トレーニングセンター」は、毎年数多くの出張コースを開催しており、出来る限りの協力をさせて頂きたいと考えています。会場を提供していただく以外は全てこちらで対応いたします。
また、出張コースではありませんが、当センターの施設を利用して団体コースの開催も行なっております。団体コースの場合、コース開催日程・時間など柔軟に対応しておりますので、ご相談ください。
例年も、出張コース、団体コースは大変ご好評いただいております。
出張コース・団体コースについてのお申込みは以下のリンクよりお願い致します。