頻拍性不整脈⑦ 見逃してはならない心電図異常(突然死の原因)

スポンサーリンク

見逃してはならない心電図異常(突然死の原因)

1)QT延長症候群  torsades de pointes

QT延長症候群とは、QT時間が延長したもので、遺伝子異常による先天性の要因が多いが、後天的には電解質異常(低K血症、低Mg血症、低Ca血症)薬剤過量(特にQT延長を起こす薬剤:プロカインアミド、キニジン、三環系抗うつ剤)によって起こる。頻度は低いが若年者の突然死の原因のひとつである。その原因はtorsades de pointes(前述)を誘発するためである。torsades de pointesが起こった場合は常にこのような基礎原因を考え、それを速やかに治療すべきである。一般的にはマグネシウム製剤の投与が第一選択とされる。

2)Brugada 症候群(特発性心室細動) → 心室細動(VF

原因となる基礎疾患がなく、突然心室細動が発症するものを特発性心室細動という。特発性心室細動の一疾患群の中にBrugada症候群(1992年にBrugadaらが報告)がある。これは、V1~V3で右脚ブロックを伴ったcoved型またはsaddle-back型のST上昇を呈し(図22)2)3)、突然に心室細動(VF)へ移行するものである。比較的若年健常者に多く見られ遺伝性Naチャンネル異常と考えられている。このような心電図が見られ、失神や失神性めまいがある場合はホルター心電図を実施し、VFの有無を調べる必要がある。

【図22】Brugada 症候群の心電図

図22-1

図22-2

無料の心電図講義のご案内!

心電図の読み方を本やネットで学んで理解しても、実際の心電図波形を見ると理解したはずのことが分からなくなってしまうことはありませんか?
そのようなお悩みをお持ちの方のために、福岡博多BLS,ACLSトレーニングセンターでは無料の心電図講習を行っております。

大変ご好評いただいているコースです。

詳細は以下よりご確認ください。

無料の心電図講義のご案内
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福岡記念病院救急科部長。一般社団法人・福岡博多トレーニングセンター(福岡博多TC)理事長。 愛媛県生まれ、1986年愛媛大学医学部医学科卒。日本救急医学会専門医、日本脳神経外科学会専門医、臨床研修指導医。医学部卒業後、最初の約10年間は脳神経外科医、その後の約20年間は救急医(ER型救急医)として勤務し、「ER型救急システム」を構築する。1990年代後半からはBLS・ACLS(心肺停止・呼吸停止・不整脈・急性冠症候群・脳卒中の初期診療)の救急医学教育にも従事。2011年に一般社団法人・福岡博多トレーニングセンターを設立し理事長として現在に至る。主な著書に、『ニッポンER』(海拓舎)、『心肺停止と不整脈』(日経BP)、『ERで役立つ救急症候学』(CBR)などがある。